カードローンの利用に多いトラブルを回避しよう
ロゴ

カードローンの利用に多いトラブルを回避しよう

婦人

カードローンを滞納するとどうなる?

カードローンを滞納すると、まずカード会社から支払いに関しての連絡が手紙や電話で来ます。消費者金融のカードローン会社の場合はその会社から、銀行の場合は保証会社が連絡元です。まずはハガキで督促し、返事がなければ電話で連絡がいき、二か月返済がないとブラックリストに記載されます。大阪に限らず全国的にこのような流れとなっています。

カード

返済が遅れた時はすぐに連絡!

大阪でカードローンの返済が遅れそうとあらかじめ分かってる場合は速やかに担当者に連絡する事をお勧めします。連絡が怖くてハガキも電話も受け付けずに連絡をしないままでは状況は悪化します。返済が間に合わない段階で担当者へ連絡し、せめて支払う意思があるだけでも伝えれば督促はストップします。ただし延滞の記録はついてしまうのでやはり返済日に間に合うようにすることがベストです。

返済が遅れた時の対処方法

カードを持つ人

まずは担当者に連絡をする

大阪でも東京でもカードローンの返済が遅れた場合は何をおいてもまず担当者に連絡しましょう。延滞が消えるわけではありませんが、督促は止まります。支払いの意思を伝えて速やかに返済できるように資金を調達しましょう。

ブラックリストに載らないためには

カードローンの返済が遅れると手紙や電話で督促が始まります。手紙や電話での督促をずっと無視し続けると2か月後にはブラックリストに名前が載ってしまいます。ブラックリストに載ると「信用事故」扱いとなり、今後ローンが組みにくくなります。大阪以外でも全国的に同じ決まりなので気を付けてください。

支払いを遅れないようにするためには

カードローンの返済が遅れる人は、計画的に利用できない人や、借りたお金を湯水のように使ってしまうと傾向があります。借りたお金は一時的なお金です。返済の見通しをたてて無理のない借り入れをしてください。大阪でも東京でも全国的に共通することですので注意しましょう。

広告募集中