眉下切開で自然に美しくなろう|たるみのカットで目元パッチリ

大きく開く目に

女性

上まぶたがたるむと、その分目は開きにくくなります。実際には大きな目だったとしても、上まぶた次第で、細目になったり、伏し目がちという状態になったりするのです。美容外科では、それを改善する手術がおこなわれています。上まぶたの皮膚を部分的に切除することで、たるみをなくすという手術です。この手術には複数の方法があるのですが、その中でも特に人気があるのが、眉下切開と呼ばれているものです。眉下切開では、文字通り眉毛の下の部分で、上まぶたが切開されます。眉毛のラインに沿って、三日月の形または紡錘形に皮膚を切除し、上下それぞれの切り口を縫い合わせるのです。たるんだ皮膚がなくなることで、目は大きく開くようになりますし、手術跡は眉毛によって隠されます。

上まぶたのたるみは、皮膚だけでなく皮下脂肪が原因となっていることもあります。そのような場合には、いくら皮膚を切除して縫い合わせても、上まぶたはポッコリと膨らんだ状態のままとなります。しかし眉下切開では、皮膚だけでなく、皮下脂肪も一緒に除去することができます。具体的には、まずは皮膚を切除し、むき出しになった皮下組織に小さな穴をあけて、そこから内部の皮下脂肪を引っ張り出すのです。その後縫い合わせれば、上まぶたは余分な皮膚も皮下脂肪もなくなった状態になります。また、眉下切開で除去する皮膚や皮下脂肪の量は、好みで決めることができます。そのため人形の目のようにパッチリと開いた目にすることもできますし、もとの目との差が少なめで、違和感のない仕上がりにすることもできるのです。